Cafe ノムン

近所に「Cafeノムン」という店がある。
絵本のアイデアに困った時、気分転換に
普段通らない道を歩き「こんなところに
茶店?」と見つけた店だ。

0929_nomun3

何を隠そうというか、隠せないけど
『コーヒーノムノムン』のタイトルは
ここで生まれた。「飲む」+「ノムン」。
大人が飲む真っ黒いコーヒーに興味を持つ
女の子のストーリーが浮かんだのもココ。

0929_nomun2
↑何故か、コーヒーと一緒に自家製の
プリンがサービスで添えられる。

0929_nomun1
先日、ノムンの店主(老夫婦)に
出来上がった『コーヒーノムノムン』を
見ていただき、店の名前からタイトルを
拝借した事をお話してきました。
white_01
0916_coffeenomuomun
『コーヒーノムノムン』kindleで発売中

広告

ライオン座

コーヒーノムノムンのサイト
新しいgifアニメを追加した。
最新の技術でもあるHTML5のHPに
ローテクなアニメを配置できるのが
とても気にいっている。

nomunomun_anime
そういえば1998年頃、gifアニメの
三本立てミニシアター『ライオン座』
という企画をやっていた事がある。

gifアニメをキーワード検索して
おもしろい作品を探し、作者と
コンタクトを取り、gifアニメを借りて
毎週三本立てでWEBで上映。

一年半くらいで終了したんだけど
個性豊かな作品に出会いました。
アイデアも豊富だったなぁ。

lion-top2001
ライオン座』という名の由来は、
横浜の天王町にあった三本立ての
映画館(すでに閉館している)。

オカルトや、SF、ミュージカル、
アイドル、ドラマ、ドキュメンタリー、
コメディ、カンフー、サスペンスなど。
節操のない三本の組み合わせで
すっかり雑食系になったしまった。

近所のパン屋で買いものすると
ライオン座の割引券がもらえるので
そこへ寄るというのがルートだった。
へんな事を思い出すもんだ。

note

つくる、つながる、とどける。がテーマの
SNS「note」に『コーヒーノムノムン』を
有料版として置いてみた。
電子書籍とは見せ方が違うので、
レイアウトに少し手を入れました。
note
無料で観れるコンテンツは以下。
ぜひ、観て下さい。

【アリアリの目次】
○電子書籍絵本
アリアリ・階段アプリ

Ariari’s Staircase App

○コラム
アリアリとは?

アリアリ・データタワー
アリアリ・データタワーPV

○5コマ絵本(電子雑誌トルタル)
アリアリ・コンテンツ泥棒
アリアリ・21世紀の偉人伝
アリアリ・かくれんぼ2.0
アリアリ・おっしゃるとおりです

○スクロール・イット!
タイミング(1998)
キーボード(1998)

○ガレージバンドの曲
sound-008『テンタクルズ』
sound-008『オークション』

sound-009『ヌーピー』
sound-010『マンションの影』
sound-012『サンシャイン』

ノムノムン発売!

電子書籍の絵本『コーヒーノムノムン』
kindleよりリリースしました。
0916_coffeenomuomun
データの入稿で手間取ったので
無事リリース出来て嬉しい。
よろしくお願いします。
専用のアプリを入れれば、iOSや
アンドロイド、PCでも見られます。
white_01
昨夜、吉祥寺BLUSTで行われた「ePubpub」
に参加。電子書籍に関するプレゼンや親睦を
深める会。

0919_epubpub
ここで、後半に少しだけお時間をいただき
リリースしたばかりの『コーヒーノムノムン』
について宣伝してきました。相変わらず、
人前で話すのは苦手だなと実感(汗)。

Comic Creator

EPUBデータも出来上がったので、
Kindle KDPのサイトを久しぶりに開く。
ここでの入稿は昨年秋にリリースした
『ミュジーのアイデア買取り』以来。

0918_kdp
思い出しながら色々と入力していくと
困った事に出くわした。表紙画像と、
他のページをまとめたフォルダの連結が
うまく行かず、表紙が2度続いてしまい
KDPへ直接に問い合わせ。

直接お客のEPUBに触ることは
出来ないらしく、更にバラのJPEG画像の
アップロードにも対応していないという事で
困ってしまった。

その結果、Kindle Comic Creatorを使って
あらためて入稿用のデータ(mobi)を
作り直す事をすすめられた。
(このComic Creatorはマンガや写真集などの
固定レイアウトに向いている)

0918_comic_creator
なんとか参考ページを見ながら進めました。
とくに「電子書籍メディア論」の境さんが
作られた指導動画がわかりやすかった。

↑「Comic Creatorの使い方を習得しよう」

↑「固定レイアウトの目次について理解」
私の本は目次やノンブルがいらないので
削除する方法を参考にした。
white_01
musy_blog
↑昨年10月にリリースした
ミュジーのアイデア買取り

日の目を見なかったアイデア等を
高価買入してくれるミュジーのお店。
カトーはこの店を尋ね、
ミュジーの前でプレゼンを始める…

ノムノムンのサイト

まもなく『コーヒーノムノムン』
完成の予定なんですが、
その前に専用のサイトを置いてみた。

『コーヒーノムノムン』のサイト

先日も書いたとおり
Wixというホームページサービスを使用。
0915_wix1
↑PC用のレイアウト

PCとスマホに対し別々のレイアウト表示が
出来るレスポンシブのフォームや、
パーツに動画のようなアクションを
組み込めるHTML5にも対応していて今時。
0915_wix2
↑スマホ用のレイアウト

で、なんとも嬉しいのがGIFアニメを
合わせられるところ。
hana_movie
↑この花ちゃんGIFアニメも貼付けてみた。

Wix
Wix講座 dekiso

サンプルEPUB

『コーヒーノムノムン』の
サンプルEPUBを作りました。

0916_coffeenomuomun
読んだ感想を送ってくれる方に
ダウンロード先のアドレスをお送りします。
こちらのブログに感想を載せても良い
という方はメールアドレスか、
TwitterやFacebookのアドレスを
お教えください。
9月いっぱい募集します。
よろしくお願いします。

Facebook「アリアリ」ページ
Twitterは、@to_naruto

coffeenomunomun
待ってるよ〜ん

OMUSUBI (オムスビ)

やっとのこと『コーヒーノムノムン』の
画像が出来上がったのでデモ版の試作。
0914_OMUSUBI
EPUB化には「OMUSUBI」を使用。
固定レイアウト専用のソフト。
『コーヒーノムノムン』のような
イラストや文字を合わせたページものを
1つに合わせるのに特化しています。
デザイナーやイラストレーターの方にも
とても操作が簡単なので、おすすめ。
しかも無料。(ちなみにMac OS用)

0914_OMUSUBI_2
実はこの「OMUSUBI EPUBMAKER」は
『アリアリ・データタワー』のEPUB化を
手伝ってくれた(株)三陽社の田嶋さんが
制作したもの。
興味のある方は田嶋さんのブログ『電書魂
よりダウンロードしてみてほしい。
操作方法も詳しく書いてある。
white_01
coffeenomunomun
『コーヒーノムノムン』まもなく!

ノムノムンの表紙

現在進行中『コーヒーノムノムン』の
表紙を装丁デザイナーのイシマ氏に
お願いした。

普段はイシマ氏からお仕事を依頼されて
私がイラストを描くという流れなんですが
電子書籍の自己出版のおかげで、
なんと、こちらからお願いするという
驚きの流れができた。

で、そのデザイン、やはりさすがです!
私が作った『コーヒーノムノムン』の
創作文字を大きく配置、ノムノムンを
控えめにポツンとおいて
可愛さを添えています。

0913_font
イシマ氏のアドヴァイスで
絵本の中の文字も変更。
とても読みやすくなった。
white_01
現在、
電子書籍メディア論」の境さんに
教えていただいた作品の宣伝ページを
作ってみようと考えています。
0913_wix
で、「WiX」というサービスを使い始めた。
1枚もののページもつくれるというので
使いやすいかもしれない。
BGMが使えるのかな? 調べてみよう。

フェスタ申し込み

11月23日(日曜日)に開催する
第三回海外マンガフェスタへの
申し込みをした。

2012_mangafesta
今回は出展するブースが
前回の半分のスペースになったことから
参加者が多くなるだろうと予想される。
出展者が増えれば
もっと盛り上がってイイ感じだ。

海外マンガフェスタ

2013年のコーヒーサミットのアイコン
white_01
電子雑誌トルタルに参加している
福岡の映像作家・石川さんが
あのレッド・ツェッペリンのボーカリスト
ロバート・プラントが主催した
プロモビデオ・コンテストに応募。
music video for Rainbow
0911_rainbow1

今回コラボを持ちかけられたのだが
時間的に都合がつかず
石川さんだけで完成させた作品だ。
ぜひ「Like」を押して欲しい!!
石川さんのPV『Rainbow』
0911_rainbow2

思い出した!
そういえば、今年5月に
ブラック・サバスのベーシストが
楽器に入れるアイコンを募集していたので
突貫で作って応募したんだけど
未だに結果発表がない。
あれはいったい、どうなったんだろう…

ブラック・サバスのベーシストが
フィーチャーされている『N.I.B』。